リバウンドの理由

どんなダイエットにも、リバウンドの悩みはつきものです。一旦ダイエットで減った体重が、再び増えてしまうのが、リバウンドと呼ばれるものです。ダイエット失敗になるだけでなく、前よりも結果的に太ってしまう場合があるのです。リバウンドを繰り返していると、どんどん痩せにくい体になってしまいます。リバウンドを回避する必要が、ダイエットを成功させるにはあるようです。いくつかリバウンドの要因はあります。リバウンドが起こる理由としていえるのは、脂肪を溜め込みやすい体になることで、極端なカロリー制限を行うことで体が飢餓状態になるのがその原因です。代謝を私達の体が下げる原因は、カロリー摂取量が極端に減ることです。カロリーを最低限度だけを使う状態になろうと、体内に取り入れたカロリーをできるだけ脂肪として蓄積するようです。生命維持のためには重要な機能で、少ないエネルギーでも生き延びられるようにするものですが、かえってダイエットの妨げになるものです。ランチ制限をしたために筋肉が減少し、代謝が低下するといった現象も起きます。その仕組みは、脂肪を消費しづらい体に、筋肉が減ると新陳代謝が低下するためなるというものです。リバウンドの要因としてあげられるものはこのほかにも、ダイエット終了後に今まで以上のランチをした、食欲がランチ制限でのストレスで増大したなどがあります。

コメントは受け付けていません。