宮里藍と父の関係。今後の身の振り方と結婚はいつ?

宮里藍フィーバーは続く

2017年、サントリー・レディースが兵庫県・六甲国際GCで始まった。
この大会後、アメリカのツアーに戻ってしまうので、日本での試合は最後との話もある。

ギャラリーの数も半端がない。日本女子ゴルフのこの10年の隆盛は藍ちゃんのおかげでしたね。

 

2017年今年の成績

改めて、2017年今シーズンの宮里藍選手の成績を見てみると

2/20-26 HONDA LPGA Thailand Siam Country Club Old Course 56位タイ 71 75 73 72 291 +3
3/13-19 Bank of Hope Founders Cup Wildfire Golf Club 予選落ち 66 74
3/20-26 KIA Classic Park Hyatt Aviara Resort GC 64位タイ 72 69 76 73 290 +2
3/27-4/2 ANA Inspiration Mission Hill CC 40位タイ 74 72 69 72 287 -1
4/10-15 LOTTE Championship presented by HERSHEY Ko Olina GC 34位タイ 69 73 71 68 281 -7

 

力の衰えは自分が一番知っているわけで、昨年、引退を決意したのもうなづけます。
宮里藍の場合、身長が155センチしかなく、ドライバーは飛ばない。そこに年齢による筋力の衰えが来るわけだから、自分で、今後のゴルフ人生は予想がつく。

惜しまれつつ、引退する。理想的なパターンではないか。マンガチックな展開とすれば、アメリカのメジャーで奇跡的に優勝する展開だが、これもないだろう。

宮里藍引退会見の印象

理知的な選手だな、だれもが惚れてしまう選手だな、と思いました。
自分の会見が終わり、質疑応答に移って、テレビと新聞の代表者から質問がありました。この時彼女はその質問者がどこにいるのか、素早く目で追い、確認してから質問者と向き合っていました。

簡単そうで、意外とそのような会見はありません。この2人で、フジテレビの「宮里藍引退会見生中継」が終わってしまったので、この後の質問者対応はわかりませんが、おそろく同じでしょう。その誠実さに惚れました。

宮里藍の基礎は父親

宮里藍のゴルフの基礎も、人間形成の基礎も作ったのは、父親であることは有名です。
沖縄出身の穏やかな、明るい性格も父親と風土と相まって、宮里藍が誕生したのでしょう。

娘想いの父親は、2009年7月26日にフランスで開催されたエビアン・マスターズでLPGAツアー初優勝した時、翌日のスポーツ新聞の1面が宮里藍ではなかったために、抗議の電話をかけたエピ―ソードもあります。

宮里藍選手の今後

すでに2020年東京オリンピックパラリンピックの女子ゴルフのコーチ要請が、日本プロゴル協会からオファーされているようです。
また、マネージャーとの結婚話のあるようでないような・・・

いずれにしても、まだまだ藍ちゃんの人気は衰えないので、サントリーはじめ、スポンサーサイドの意向と協議しながら、決めるのでしょうね。

それにしても、引退発表のタイミングも微妙で、最高のサントリーレディースです。十分に恩返しをした大会と言えるでしょう。

アメリカツアーに戻っても応援しよう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です