英会話がうまくなるには文法は重要?

英会話がうまくなるには、きちんとした英語を話さなければ!と思っている人が多いと思うのですが、それは違います。

英語はアメリカ、カナダ、イギリスなどの国の母国語ですが、英語は世界の共通語です。英語を第二言語として学んでいる人は世界中に何億人といるのですから、みんながみんな完璧に英語を話せるとは限りません。

特に文法を気にするのが日本人の特徴です。そんなに気にしすぎる必要はありません。

何が言いたいかが、伝われば問題ないと思います。相手がネイティブの人であれ、そうでない人だとしても、きっと一生懸命伝えようとする姿に、真剣に英語を聞いてくれます。もし、外国人が間違った日本語の文法で話していても、頑張って伝えようとしているんだな、と思うと思います。それと同じです。

ジェスチャーなども交えると相手もより理解してくれますしね。文法が少し、間違ったように感じたら後で、家に帰って間違った部分を復習してみたり、正しい使い方を調べてみたりしましょう。

私の通っていた英会話スクールの先生がよくこのアドバイスをしてくださっていました。文法の知識が全くない、いつも間違っているとなると、いけませんので文法の勉強も大切になります。気にしすぎることなく適度に勉強ですね!

コメントは受け付けていません。